HOME物流サービス通関業務
通関(つうかん)とは、貿易において貨物を輸入及び輸出をしようとする者が、税関に対して、貨物の品名、種類、数量、価格などに関する事項を申告し、必要な検査を受けた後に、輸入の場合は関税など必要な税金を納入させ、税関から輸出入の許可を受ける手続き。この許可を得ないと、輸出入が完了したことになりません。

通関業務とは、お客様の依頼により“通関”を行うものです。港湾→倉庫→通関→流通→物流までの流れを効率的にやることにより大幅なコストダウンも可能なのでお気軽に弊社 有限会社 インターナショナル・プライドにご相談ください。

輸出の流れ(海上運送の場合)

貨物がある場所から保税倉庫へ発送します。
保税倉庫に搬入します。(梱包が必要な貨物は梱包後)
申告に必要な書類を準備し、税関に輸出申告します。
   (その他法令の規定による承認、許可、検査を必要とする貨物は予め別途各省庁にご相談下さい。)
税関にて書類審査、貨物検査などが行われ、問題がなければ輸出許可となります。
許可になった貨物をコンテナにVANNING後CY(※)に搬入します。
   コンテナに満たない少量貨物はCFS(※)倉庫に搬入します。
船会社へ書類(D/R,CLP,S/A等)提出します。
   船積み完了後、船積み条件に従って海上運賃を支払い、船荷証券(B/L)(※)を船会社から発行してもらいます。

(※) CY (Container Yard) : 船会社によって指定された場所。実入りコンテナを引き受け、船積みのために蔵置する施設。

(※) CFS (Container Freight Station) : 船会社がLCL貨物(コンテナに満たない少量貨物)をコンテナに詰める場所。輸出者から貨物を引き受け、それぞれの仕向け地別にコンテナ内に収納する作業が行われる。

(※) B/L (Bill Of Lading) :船荷証券。船主の運送条件を明示した運送書類の事。船社が輸送を引き受け、指定された港で正当な荷受人に貨物を引き渡す事を約束した有価証券。

輸入の流れ(海上運送の場合)

海外から輸入された貨物(外国貨物)が保税地域に入港します。


船からコンテナを卸してCYに搬入します。
 (CFS貨物は保税蔵地場に保税運送し、デバンします。)


輸入申告に必要な書類を揃えて税関に申告します。
 (INVOICE,PACKING LIST,B/L,原産地証明(FROM A),ARRAIVAL NOTICEなどを輸入者様より入手します。)


税関にて書類審査、貨物検査等が行われ、問題がなければ審査が終了。輸入関税・消費税を納めると輸入許可となります。(その他法令の規定による承認、許可、検査を必要とする貨物は予め別途各省庁にご相談下さい。)
船会社に海上運賃などの諸チャージを支払って(※)D/Oを貰い、貨物を引き取ります。
配達先の状況を把握し、決められた日時に配送をします。

(※) CY(Container Yard) : 船会社によって指定された場所。船卸しした実入りコンテナを蔵置し、引き渡す施設。

(※) CFS(Container Freight Station) : 船会社がLCL貨物(コンテナに満たない少量貨物)をコンテナから取り出す場所。混載貨物をコンテナから取り出し、輸入者に引き渡す作業が行われる。

(※) D/O (Deliver Order) : 船社が本状持参人への貨物引き渡しをターミナル(CY/CFS)オペレータに指示する書類。